なぜ犬の食事に牛・豚・鶏の生肉ではなく、生馬肉が良いの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最近、生馬肉を愛犬に与えているという飼い主さんが増えています。

ペット用のフードとしても、比較的よく見かけるようになってきたため、家でもあげようかなと考えている飼い主さんもおられるのではないでしょうか?

しかしその一方で、なぜ生馬肉?
という疑問を感じている方もおられるよう。

私たちにとっては馬肉よりも、牛や豚、鶏肉の方が一般的なのではと思われますが、 そういった肉類ではなく、馬肉を犬に与える理由は何なのでしょうか。

オススメ! 人が食べられる品質の馬肉ドッグフード

ドッグフード工房が販売する、馬肉ベースの完全無添加ドライドッグフード。

新鮮な生肉や生野菜を使用し、できるだけ高温加熱工程を加えない工程で製造しています。

もちろん、化学調味料や着色料などは一切不使用であるなど、 馬肉ドライフードの中ではクオリティはかなり高いです。



馬肉は安全、かつ栄養に優れている

犬に与える生肉が牛や豚や鶏ではなく、馬肉であるのは「安心・安全だから」という理由が大きいと思います。

大抵の場合、馬は抗生物質やホルモン剤などを与えられることなくのびのびと育てられることが多いですが、 牛や豚や鶏に関してはそうでない場合も多く、薬を与えられて育った動物の肉に比べると馬肉の方が安全性が高いと言えます。

また、寄生虫がつきにくいという点も生の馬肉の利点ですし、 栄養価に関しても高タンパク低脂肪でありながら、牛や豚、鶏などよりも鉄分やカルシウムが豊富に含まれるなど、 体力が落ちてしまって沢山食べられない老犬にも向いています。

生なので消化吸収しやすいというメリットもありますね。

生馬肉を与え始めてから犬が元気になった、毛艶が良くなったという声が多いのは、 肉の栄養をしっかりと吸収できている証拠だと思います。

ちなみに、鹿肉も生でOKだと言われており、 生食用の鹿肉が手に入るのなら鹿肉もおすすめです。



牛肉や豚肉、鶏肉を生で与えてはダメ?

生馬肉は手に入りにくい。
なので牛肉や豚肉・鶏肉を生で与えてはダメだろうか・・と考える方もいるかもしれませんが、生はやめてください。

これらの肉は寄生虫やウイルスが発生しやすく、食中毒の原因にもなり得ます。特に豚と鶏を生で与えるのはやめておいた方が良いでしょう。

人が食べられる新鮮な牛肉ならまだ良いと思いますが、 やはりこちらも生食用でないものを与えるのはやめておいた方が無難です。

生肉を与えたいのなら、生食用の生馬肉が無難でしょう。
基本的に、牛や豚、鶏肉を与える場合には加熱して与えるようにしてください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

当サイトのおすすめ 犬用の生馬肉・馬肉ドライフード・おやつはこちら


関連記事


Copyright © 2016 - 犬に馬肉が良い理由. All Rights Reserved.  (サイト概要