安すぎる犬用馬肉には要注意

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
犬に生馬肉を与えてみようと思い、犬用の馬肉を探してみたは良いけれど、 あまりの値段の差にどれを選べばよいのかわからなくなっている・・なんて方、おられるかもしれませんね。

馬肉自体がもともと価格が高めなものであるため、 生馬肉中心のフードに切り替えるとコストがかさんでしまいます。

ですので、ついついネットでよく見かける安い生馬肉ばかりに目が行ってしまいがちになるのですが、 ちょっと待ってください。

なぜ、そんなに安く買えるのかと疑問を感じませんか?

オススメ! 人が食べられる品質の馬肉ドッグフード

ドッグフード工房が販売する、馬肉ベースの完全無添加ドライドッグフード。

新鮮な生肉や生野菜を使用し、できるだけ高温加熱工程を加えない工程で製造しています。

もちろん、化学調味料や着色料などは一切不使用であるなど、 馬肉ドライフードの中ではクオリティはかなり高いです。



余りに安すぎる生馬肉には要注意

犬用に限ったことではありませんが、同じような製品と比較して安すぎる食品には、沢山の添加物が含まれていることが多いです。

人用の食品であっても、元をたどれば本当に食べ物かと思ってしまうような材料が使われている事もあるくらいですから、 犬用だともっと信用できないと私なら考えてしまいます。

例えば精肉店が、人用の食肉の切れ端などを犬用として安く販売しているのならばまだ安全だと考えられますが、 他の材料が含まれた加工品の場合は注意が必要です。

特に加工度の大きいフードについては、フードに含まれる馬肉の割合が少ない場合もありますし、粗悪な材料や添加物が沢山使われているものもあります。

加工されたフードが全て粗悪な品質だといっているわけではなく、中には無添加かつ材料に気を配ったものも存在しますが、 そういったものの多くは価格がそれなりに高く、やはり値段なりの中身だと言えるでしょう。

高価なフードをわざわざ選ぶ必要はありませんが、 健康などのために犬に生馬肉を与えたいのなら、あまりに安すぎる物には警戒心を持ってください。

人間が口にする食品と同じように、激安の商品は価格なりの内容です。

なお、もしもそれ程頻繁に犬に生馬肉を与えるわけではないのなら、人用の生馬肉を与えるというのも手です。

大型犬を多頭飼いしているというのならばともかく、それ程大きくない犬であれば食べる量も少量であるため、人用を与えたとしてもコストは知れています。

あと、生馬肉は犬に与える食材としては栄養価が高く素晴らしい素材ですが、馬肉のみで犬に必要な栄養をすべてまかなうことはできません。

ドッグフードや手作りご飯など、馬肉以外の食材も食べさせるようにしましょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

当サイトのおすすめ 犬用の生馬肉・馬肉ドライフード・おやつはこちら


関連記事


Copyright © 2016 - 犬に馬肉が良い理由. All Rights Reserved.  (サイト概要