犬は馬肉などのジャーキーが好き でも添加物には気をつけて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
犬におやつは必要?不必要?
人によって見解が異なりますが、食事の一環として与えている方も多いと思います。

おやつが大好きな犬は多く、簡単に食べさせるものが手元にあれば、お出かけ時や来客時など何かと助かりますよね。

そんな中でも多くのわんちゃんが大好きなのが、肉を使って作られたジャーキー。
さすが、肉食に近い動物と言うだけあって、やっぱりお肉が好きなんだなと思います。

市販品でもチキンやビーフ、馬肉、鹿肉など様々なジャーキーが販売されており、常備しているという方もいることでしょう。

しかし、その原材料の中身を確認した事があるでしょうか?
実はジャーキーには多くの添加物が使われている事が多く、食べ続けることによって犬の健康を害してしまう可能性もあるのです。

いま一度、市販のジャーキーの原材料を確認してみてください。

オススメ! 人が食べられる品質の馬肉ドッグフード

馬肉専門店の利他フーズが販売する、人間がたべられるクオリティを持った高品質ドライドッグフード。

添加物や防腐剤などの成分は一切不使用、愛犬に馬肉を与えたいという飼い主さんに人気の製品です。



ジャーキーにはどんな添加物が使われる事が多い?

無添加を謳うジャーキーも探せばありますが、市販品で安く売られているジャーキーの多くに、以下のような添加物が使われています。
・亜硝酸ナトリウム (発色をよくする)
・BHA (酸化防止)
・BHT (腐敗や変色等を防止)
・エトキシキン (抗酸化を持つ防腐剤)
・ソルビン酸カリウム (細菌やカビのがっせい、増殖を抑える)
・プロピレングリコール (保湿作用、菌の繁殖を抑える)
..etc..
これらは、人間の食品にも用いられることがある添加物です。

人間の食べ物にも使われているのなら、おやつで少しくらい与えるくらいは大丈夫なのでは?と思われる方もいるかもしれませんが、 犬は人間に比べて体が小さく、食事の内容を変えただけでも肝臓の数値が上がったり、腎臓を悪くしたりすることもあります。

人間のちょっとくらい・・と、犬のちょっとくらいは異なるのです。
犬の健康を気に掛ける方たちの間では、「ジャーキー症候群」「ジャーキー肝(ジャーキーを食べ続けることによって肝臓を悪くする)」なんて言葉もあるくらい。

加えて、人間用の食品への使用が禁止されている添加物であっても、犬用の食品にはOKな場合があるという事実を頭に留めておかなくてはなりません。

多分、ジャーキーの添加物を気にしない方は、ドッグフードなどその他の食べ物の添加物もあまり気にしないという方が多いのではと思われますが、 気にするのとしないのとでは、ワンちゃんの寿命にも違いが出てくるかもしれませんよ。



ジャーキーが好きな犬には無添加のジャーキーを与えよう

ジャーキーを犬に与えたいのなら、手作りするのが確実です。
しかし、毎回毎回手作りするのは負担だという方もいるでしょう。

添加物が特に多いと言われるジャーキーですが、市販品のすべてがそうかというとそんな事はありませんので、 手作りが難しい場合は、原材料に気を配ったジャーキーを購入するようにしましょう。

当然、普通のジャーキーよりは価格が高いです。
が、犬の健康には代えられません。

馬肉、鶏肉、鹿肉、七面鳥等々、バリーエーションは結構豊富であるため、 アレルギーをお持ちもワンちゃんであっても食べられるものが見つかるでしょう。
【参考】
ささみジャーキー (原材料は九州産の鶏肉のみ、人が食べられるレベルの肉を使用)
馬肉ジャーキー (無添加、生でも食べられるほどの馬肉をジャーキーに加工)
注意しなくてはいけないのは、無添加のジャーキーには当然ながら防腐剤等が使われていないため、保存方法によってはカビが生えたり変色してしまったりすることがあります。

ですので、買ったらできるだけ早く消費してしまう事、また開封後は冷蔵庫で保存するなどの工夫が必要です。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

当サイトのおすすめ 犬用の生馬肉・馬肉ドライフード・おやつはこちら


関連記事


Copyright © 2016 - 犬に馬肉が良い理由. All Rights Reserved.  (サイト概要